飲食店のゴキブリ対策について

ゴキブリと言うのは、飲食店にとっては致命的な存在です。もし、飲食店の営業中にゴキブリが出てきてしまうと、お客様の印象はかなり悪くなります。そうなると、リピーターになってもらえないどころかお店が不衛生だと言う噂を流されかねません。そうならないためにも、しっかりとお店の中のゴキブリ対策をしておくことが大切です。お店の中のゴキブリ対策としては、やはりゴキブリ駆除剤をおくことが大切です。置く場所は、トイレやキッチンなどゴキブリが特によく出る場所に置いておきます。ただし、お店の客席にはゴキブリの駆除剤をおかないようにします。なぜならば、客席のあたりにゴキブリ対策としてゴキブリ駆除剤を置いてしまうと、お客様から見るとこの店はゴキブリが出るお店なんだと言う印象になってしまいます。ですから、いくらゴキブリ対策の為とは言え、お客様の目の届くところにゴキブリ駆除剤を置くことだけは避けましょう。そして、トイレにゴキブリ駆除剤を置く場合も注意が必要です。なぜならば、トイレでゴキブリ駆除剤を食べて死んでしまったゴキブリの死骸がそのままあると、客席にゴキブリ駆除剤があるのと同じ位印象が悪いからです。もし、トイレにゴキブリ対策でゴキブリ駆除剤を置く場合は、定期的にゴキブリの死骸がないかどうかを見に行くことが大切になります。キッチンの中のゴキブリ対策としてゴキブリ駆除剤を置く場合は、必ずそれなりの数のゴキブリ駆除剤をおくようにしましょう。キッチンと言うのは、食べ物もあるし、水を使うので適度な湿気があります。そうなるとゴキブリが繁殖しやすい環境になるので、少しの量のゴキブリ駆除剤ではゴキブリ対策としてはかなり弱くなってしまいます。ですから、キッチンのゴキブリ対策をする場合は、ゴキブリ駆除剤の数は必ず多めに設置するようにしましょう。そして、飲食店のゴキブリ対策をする場合、お店の中だけではなく必ずお店の外にもゴキブリ駆除剤を置くようにします。ゴキブリと言うのは、飲食店の中で自然発生するようなものではありません。必ず、最初の1匹はお店の外からやってきます。ですから、お店の勝手口やそれ以外のゴキブリが侵入しそうな場所には、必ずゴキブリ駆除剤を置いておきます。飲食店のゴキブリ対策は、お店の中と外必ずこの両面をやる必要があります。どうしても、お店の中のゴキブリ対策だけに目が行きがちですが、それだけでは飲食店のゴキブリ対策としては不十分です。ですので、必ずお店の中と外にゴキブリ駆除剤を置いて、店の中と外の両面にゴキブリ対策を施しようにしましょう。


 

ページトップに戻る